インド人エンジニアの奮闘

インド人のエンジニアやプログラマーなどが増えていることは事実ですが、その年収や待遇に興味関心を持つ人も増えているようです。インドといえば、親日国として有名ですが、数学に強い国民性も話題を集めています。最近では、グローバル社会の様相も呈していることから、日本の企業においても、技術者として外国人を受け入れるケースが増えてきています。ありとあらゆるジャンルにおいて、ネットワークサービスが利用されるようになった今、国籍や人種を超えた競争が巻き起こっているのは事実です。世界第三位の経済大国といわれる日本でも、積極的に優秀な人材を登用するという流れが出てきています。IT関連ビジネスが盛り上がりを見せる中では、インド人のエンジニアやプログラマーにも大きく活躍するチャンスが巡ってきているといえるでしょう。

基本的には、日本人のビジネスパーソンと外国人との報酬や給与に差をつけることはなく、実力や出来高に応じての報酬や給与になることが一般的です。日本人であろうが、インド人であろうが、企業に利益をもたらすことが必要になることはいうまでもありません。グローバル社会になった今、本当の意味の成功をおさめるためには、常に世界を見据えた取り組みをする必要があります。現に今の日本の企業でも、多くの外国人が活躍をしています。大手企業においても、能力があると判断されれば、管理職や執行職としてのポストを与えるなどしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です