インドに手掛かりあるエンジニア不足解決策

世の中には情報技術関連のサービスが増え、便利に利用できるようになりました。しかし一方でIT業界では人材不足に困っている事情があります。IT業界に注目が集まりビジネスチャンスがある一方で、この分野を志望する技術者の数は限られている点にギャップがあります。その理由の一つには、IT関連の仕事は理数系で難しそうというイメージが関わっています。このようなIT業界の人材不足の問題に対し、インド人エンジニアに解決の糸口があります。インドが多くのIT技術者を有するようになった背景には、国主導での理数系教育の強化が挙げられます。

インドでは将来の経済発展のため教育による人材育成に注力してきた歴史があり、特に理数系の技術者の育成を推進してきた歴史があります。その結果インド人のITエンジニアが急激に増加し、日本にも仕事のため訪れています。インドが実践している理数系人材育成の教育方針を日本でも見習って、国内にあるIT需要と人材の不足の間のギャップを埋めなければなりません。そのためには日本のIT業界だけでは改善の効果に限界があり、行政や他の産業分野の協力も欠かせません。

またなにより、将来のITエンジニアになる可能性を持った若い人たちに、理数系の仕事に興味を持ってもらう必要があります。これからIT技術者の需要と人材不足のギャップ解消に取り組んだ場合、結果が出るのは遠い将来であったとしても取り組む事がまずは重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です